頭皮の血行を促進

髪の毛は増えるの?
養毛剤は良い?
育毛剤の有効成分とは
男性用と女性用の違い
市販と病院処方の違い
生え際に効果的
発毛する育毛剤とは
白髪が減るって本当?
誰にでも効果がある?
効果的な使い方って?

育毛剤と養毛剤のどちらが良いのか

薄毛の方が、髪の毛を生やそうと思う時には、育毛という言葉と養毛という言葉を目にすることになると思います。
薄毛の悩みが無かったころにはこの両者の違いなんて特に意識をすることがなかったでしょう。
しかし、いざ自分自身がその状況に立たされると、育毛と養毛の違いは何なのかということが気になると思います。

まず、薄毛や抜け毛の方がその対策をとる場合は発毛と育毛の違いを認識する必要があります。
発毛というのは、頭皮の環境を改善させて、髪の毛を増やそうという方法です。
髪の毛を生成するために必要な栄養分を補給して、発毛が正常に進むような環境を整えて、発毛を進めることになります。
髪の毛の量が増加することは発毛の場合ありません。
髪の毛を太くて長い状態まで成長させることにより、発毛を促進させます。

一方で育毛とは一体どのようなものなんでしょうか。
育毛は抜け毛を防止させて、髪の毛を確実に成長させます。
髪の毛の量を増やすことも育毛に含まれます。
育毛シャンプーを正しく使用したり、生活習慣の乱れを正したりすることによって、頭皮や髪の毛の環境を良くして、抜け毛を防止させます。

育毛シャンプーの効能については、こちらでご覧いただけますが、このように発毛と育毛とは異なる物なのです。

そして、育毛剤と養毛剤が現在では色々なメディアで様々な商品が宣伝されています。
それらはどれも似たような効果が提唱されているので、どちらが自分に合っているのか分かりにくい方も多いのではないでしょうか。
どちらを使っても同じような効果を期待できそうなので、自分の好きな方を使えばよいのかと考える方も多いかと思います。

育毛剤というのは毛髪の成長を促進させるために塗る薬です。
一方で養毛剤というのは抜け毛を防止して、髪の毛を保護するために用いる薬です。

よって、現在抜け毛で悩んでいる方は養毛剤を使用すると良いですし、髪の毛を生やしたいと考えている方は育毛剤を使用するようにしましょう。
両者の違いをしっかりと把握して、自分に合った薬を購入しましょう。